忍者ブログ

ロンドンで働いてみた

Cambridge MBAを2010年夏に終了後、そのままロンドンで仕事してみています。 ここでの体験を日本で役立てられるよう、日々勉強しています。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

09.20.01:53

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/20/01:53

01.31.20:02

リバプール vs ボルトン

イギリス渡航後147日目、やっとプレミアリーグを見に行けた。もともとイギリスMBAを選んだ理由のひとつもサッカーだったはずなのに、ここまで遅くなってしまうとは。。不覚。
 

シンガポール人の友人3名と車で4時間かけリバプールへ。レンタルした車にカーナビが付いて
おらず、iPhoneの地図機能だけで行けるかどうか一瞬議論するも、外人4人だけの旅でそんな
リスクとれねえとすぐ一致。まずはディスカウントショップでナビを買うところから始めるだいぶ
前途多難な行程。

着いたのは試合開始20分前、かなりギリギリだが絶妙なタイミング。スタジアムに入るとすぐに
リバプールサポーターの歌、「You'll Never Walk Alone」の大合唱が響き渡り、選手入場。昨日
の徹夜とここに着くまでの疲労感と相まって、かなり感慨深い。
93cb81e5.jpg







リバプールのホームスタジアムであるアンフィールドは他のプレミアトップチームのスタジアム
と比べても小さい為、特にチケットがとりづらいと言われていた。ネットで予約してくれた友人に
感謝。たしかに想像以上に会場が狭く、ピッチまでの距離がやたら近い。しかもゴール裏、
リバプールサイドの席だった為、気合の入った地元サポーターに囲まれ、熱気がハンパない。
46ee36c2.jpg





 

5eba28e2.jpg

 





試合は前半、リバプールはなかなかいい形でFWに球が繋げられず。フラストレーションのたまる
展開。クロスから押し込んで1点入れたものの、いまいちスピード感に欠ける内容。大黒柱の
ジェラード先輩は前線で何度もポジションチェンジしつつ、存在感は出すが、周りとの連携が
なんだか。
88fa4c8e.jpg


 




後半はボルトンの中盤が間延びしてきたところを支配できるようになり、完全にリバプール
ペース。追加点はオウンゴールの1点のみだったが、前半から一気に修正してきたところは
さすが。ゴールこそ決まらなかったものの、ジェラードのフリーキックも生で見れたのでまあ
よしという感じ。
ba5e4afc.jpg







試合後、勝利の雰囲気に酔いしれつつ、観光客っぽく場内の写真を撮りまくる。もうちょっと
スタジアムにいたかったが、そこはイギリス、場内の係員が早く出てけコールをはじめ、しょうが
ないのでサポーター軍団とともに早々に退散。

動画は「You'll Never Walk Alone」のイメージ。次はマンチェスターかな。。
c3ddfe2b.jpg
 
 


PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら