忍者ブログ

ロンドンで働いてみた

Cambridge MBAを2010年夏に終了後、そのままロンドンで仕事してみています。 ここでの体験を日本で役立てられるよう、日々勉強しています。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

12.16.16:24

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/16/16:24

06.25.02:56

メキシコ湾、原油、BP その2

これに関する報道を見ていると、オイル&ガスの世界はほんとドロドロだなと思う。




1.アメリカの厳しすぎる態度は、中小石油会社の投資意欲を削ぐという記事。
http://www.ft.com/cms/s/0/0d250e1c-7e17-11df-8478-00144feabdc0.html#

どんな会社がメキシコ湾で開発しているか図に分かりやすくまとめられていてよい。


2.ニューヨーク州の年金基金が、投資したBP株が下がったことに対して、「この損はBPが自らの安全実績(Safety record)を株主に対して誇張し、誤解を与えたからだ」という根拠で損害賠償を請求、という記事。
http://www.ft.com/cms/s/0/76741e56-7eff-11df-8398-00144feabdc0.html

いやー、これが通っちゃうんだったら、アメリカで商売するリスクって高すぎないか?



3.BPとジョイントベンチャーパートナーとの中での仲間割れの話。パートナーの片割れであるアメリカ、Anadarko社は「これは俺たちには責任ないぜ、BPお前払っとけよ」と主張。
http://ftalphaville.ft.com/blog/2010/06/21/266581/bp-and-anadarko-turn-on-each-other/

これに関してはちょっとコメントしづらいが。。。。
アメリカでいう「重過失(gross negligence)」ってどの程度のことを指すのか、今度誰かに聞いてみたい。

 


  


 

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

無題
2010年07月04日日

日本法の重過失と米系の法律のgross negligenceって必ずしも一緒ではないんですよね。翻訳とかではよく一緒のものとして取り扱っちゃうんだけど。gross negligenceって、イメージ的には、「あ、この状況(具体的な状況)って危険そうだけど、まあ、多分大丈夫でしょ。やっちゃお。」というような心理的な状態で、重過失っていうのは、注意義務の違反の程度が場合の過失のことを重過失と呼んでいます。切り口が違うというか、対象としているものが違うというのか、表現が難しいですが、まあ、こんな感じです。かぶることもあるけど、違いも多いです。

  • 元フェナーズ 3.9
  • 編集

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら